2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

情報処理 (科目記号:GGI101)

在間昭徳

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 演習 2単位 1年 前期

学位授与の方針との関連

授業科目の目的・テーマ

情報処理に関する基礎的な知識と技法を学習する。
Windows10の基本的な使い方を理解する。(ファイル、フォルダ操作、ファイル拡張子)
SNS等の情報モラル・インターネットを含むセキュリティ等の基本的な概念を理解する。
アプリケーションはMicrosoftのWord、Excel、PowerPointについて学習し、文章作成や表計算、プレゼンテーション(クラスメイトの前での発表)を行い学業や卒業後、社会に出てから役立つPCスキル向上を目指す。

授業修了時の到達目標

コンピュータを利用する上での最低限の知識を身につけ、フォルダやファイルに関する基本操作を行うことができる。
インターネットを利用して、必要な情報を収集活用できる。
Word:ビジネス文章やレポートを作成できる。
Excel:関数を使いグラフを挿入した表計算表を作成できる。
PowerPoint:プレゼンテーションの方法を理解し資料を作成して発表できる。
その他:ショートカットキーを使い短時間でWindows操作ができる。

授業内容の全体計画

第1回 Windowsの基本操作、タイピング練習、フォルダ作成、ハードウェアとソフトウェアの基礎知識  
第2回 ファイルの基本操作、フォルダの使い方、インターネット検索、セキュリティと情報モラル
第3回 Wordの基礎知識(1ページのビジネス文章作成)
第4回 Wordによる文書作成方法の習得および実習(複数ページのレポートなどの文章作成、印刷方法)
第5回 Wordによる表や図の挿入方法等の習得および実習(図形を利用した地図作成など)
第6回 Excelの基礎知識(データ入力、旧バージョンとの違い)
第7回 表計算のため、Excelによる表計算方法の習得および実習(参照式、関数式)
第8回 表計算のため、Excelによるデータベース機能の習得および実習(並び替え、抽出)
第9回 Excelによるグラフ作成や印刷の習得および実習)
第10回 スライド資料作成のため、PowerPointによる作成方法の習得および実習
第11回 プレゼンテーションを行うため、PowerPointによる作成方法の習得および実習
第12回 プレゼンテーション発表制作
第13回 作成したスライドを使用して、プレゼンテーション(発表)を実施
第14回 Word、Excelの復習、練習問題
第15回 Word、Excelの最終演習

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学習:タイピング練習(各1時間)
    :シラバスの内容を確認して、テキスト範囲を熟読する。(各1時間)
事後学習:授業の内容を毎回復習する(各2時間)

単位認定に関わる評価方法

最終演習問題 60% プレゼンテーション30% 授業態度10%

受講生に望むこと

・パソコンに少しでも触れる時間を作り慣れておく事を望みます。
・社会人になってから時間に追われることが多々あります。パソコン操作の時短テクニックを是非マスターしてください。
・体調管理に注意して、欠席することなく授業に集中してください。

フィードバックの方法

最終演習問題の模範解答を開示する

アクティブラーニング

全員が自分の作成したテーマについてプレゼンテーションを行う

テキスト

『学生のためのアカデミック情報リテラシー【 Office2016対応】』 阿部勘一 noa出版

参考文献

必要に応じてプリントを配布する。

実務経験の有無

帳簿管理、WEB制作や職業訓練のパソコン講座など長年従事してきた経験から、Windows操作、フォルダやファイルの効率の良い管理方法や、Word・Excel・PowerPointの操作を授業でお伝えできればと思います。

備考

学生の意欲や関心、既習得技能等により授業の計画は変更する場合がある。

オフィスアワー

授業終了後に教室で質問を受け付ける

このページの先頭へ戻る