2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

調理学実習Ⅱ (科目記号:LND203)

中居由香

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 実習 1単位 1年 後期

学位授与の方針との関連

1 栄養士に関する教育課程を編成し、栄養士として必要な専門的知識と技能の修得を目指す。
2 栄養士に関する教育課程を編成し、栄養士として必要な思考力・判断力・表現力の涵養を目指す。
3 栄養士に関する教育課程を編成し、栄養士として主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度の涵養を目指す。

授業科目の目的・テーマ

栄養学・食品学・調理学・調理学実習Ⅰ等で習得した知識と調理技術を基に、さらなる基礎的調理技術の向上を目指す。

授業修了時の到達目標

様々な料理を作ってみることで、その料理の文化を理解できるようになる。
人の配置や時間配分を考えることによって、時間内に片付けまで終えることができるようになる。

授業内容の全体計画

第1回 オリエンテーション:実習の予定を理解する
第2回 実習1:栗おこわ、天ぷら、つみれ汁         【課題 栄養価計算】
第3回 実習2:白飯、西湖魚羹、麻婆豆腐、炸茄子夾     【課題 栄養価計算】
第4回 実習3:ライス、ロールキャベツ、サラダ、マドレーヌ 【課題 栄養価計算】
第5回 実習4:かやく飯、鮭のホイル焼き、茶碗蒸し     【課題 栄養価計算】
第6回 実習5:希望献立1:作りたいものを考える    
第7回 実習6:白飯、涼拌青菜、宮保鶏丁、如意捲      【課題 栄養価計算】
第8回 実習7:希望献立1                 【課題 栄養価計算】
第9回 実習8:親子どんぶり                【課題 栄養価計算】
第10回 実習9:希望献立2:鍋料理を考える  
第11回~第12回 実習10:クリスマス料理          【課題 栄養価計算】
第13回 実習11:希望献立2:鍋をしよう!          【課題 栄養価計算】
第14回 実技試験:茶碗蒸し                【課題 感想】
第15回 実習のまとめおよび掃除
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学習 事前に実習内容を確認し、当日の流れを考えて来てください。
     作業の段取りの良さをみるために実技試験を行います。日頃から、自宅で練習をしてください。
事後学習 栄養価計算及び食べての考察・感想の提出が毎週あります。ため込まないようにしましょう。

単位認定に関わる評価方法

①実技試験 50%  定期試験 30%  授業への取り組み 10%  課題 10% 
②試験(実技・筆記)は必ず受けなければなりません。
③栄養価計算等の宿題は、次回実習開始までに必ず提出してください。
④試験(実技・筆記)は、すべての提出物がでていることを条件とし、提出日を過ぎたレポートは減点します(-5点/回)。
⑤遅刻や忘れ物等は、減点します(-2点/回)。白衣や帽子、シューズ等忘れた場合は、実習には参加できません。

受講生に望むこと

①『誰かがしてくれる』ではなく、『みんな』で頑張りましょう。また、実習はグループ作業のため、欠席は班員に負担をかけます。常日頃より、体調を整えるようにしましょう。
②食事を残すことは原則認めません。当日の体調やアレルギー、病気等で食べられない場合を除き、各自で食べるようにしましょう。食べきれない料理は、各自タッパー等を持参し持ち帰ってください。

フィードバックの方法

実技試験は、終了後コメントします。定期試験は、採点後解答と解説を行います。
課題は、チェックして返却します。間違いが多い場合は、何度でも再提出となります。

アクティブラーニング

実習

テキスト

『食育に役立つ 調理学実習』   西堀すき江編著  建帛社
『七訂 食品成分表 2020』  香川芳子他著   女子栄養大学出版部

参考文献

『これからの調理』 新調理研究会編   理工学者
『基礎調理実習 食品・栄養・大量調理へのアプローチ』 小川宣子編  化学同人
『調理学実習』   竹治栄美・松本和 共著  建帛社

実務経験の有無

備考

実習費として、8,000円程度の負担が必要となります。

オフィスアワー

木・10:30~12:20

このページの先頭へ戻る