2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

基礎栄養学 (科目記号:LNC104)

藤田正隆

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 1年 前期

学位授与の方針との関連

1 栄養士に関する教育課程を編成し、栄養士として必要な専門的知識と技能の修得を目指す。

授業科目の目的・テーマ

口から摂取した食品に含まれる栄養素を体内に取り入れるために、どのように消化・吸収し、代謝されるのかを理解する。
 食事の摂取と健康の保持増進、疾病の予防における栄養の役割について説明することができる。

授業修了時の到達目標

①栄養素の種類と消化吸収の仕組みを説明することができる。
②栄養素等の生体内での働き、 それらの相互作用について説明することができる。

授業内容の全体計画

第1回 栄養の概念: 栄養の定義、栄養と健康・疾患について理解する。
第2回 食物の摂食: 食欲と摂食量の調節について理解する。
第3回 消化・吸収と栄養素の体内動態 (1) : 消化吸収の仕組みについて理解する。
第4回 消化・吸収と栄養素の体内動態 (2) : 栄養素別の消化吸収について理解する。
第5回 糖質の栄養(1): 血糖とその調節、糖質の体内代謝について理解する。 
第6回 糖質の栄養(2): 他の栄養素との関係、食物繊維について理解する。
第7回 脂質の栄養(1): 脂質の種類とはたらき、臓器間輸送について理解する。
第8回 脂質の栄養(2): 脂質の体内代謝、他の栄養素との関係について理解する。
第9回 たんぱく質の栄養 (1) : たんぱく質・アミノ酸の体内代謝について理解する。 
第10回 たんぱく質の栄養 (2) : 摂取するたんぱく質の量と質の評価について理解する。           
第11回 ビタミンの栄養(1): ビタミンの構造と機能について理解する。
第12回 ビタミンの栄養(2): ビタミンの栄養学的機能について理解する。
第13回 ミネラル(無機質)の栄養:ミネラルの分類と栄養学的機能について理解する。   
第14回 水・電解質の栄養的意義:水・電解質の栄養学的意義について理解する。
第15回 エネルギー代謝:エネルギー代謝の概要について理解する。 
 定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学習:授業終了時に次回の講義に関しての予習事項を知らせるので、それについてしっかりと予習をしてくること。(各1.5時間)
 事後学習:授業中にとったノート、教科書を見て疑問点を解決できるように復習をすること。(各0.5時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験70% 小テスト15% レポートの提出10% 授業態度5%

受講生に望むこと

授業と関係のない私語、 他科目等の 「内職」 は慎むこと。 授業は休まずに予習・復習をする習慣をつけてください。
栄養士にとって基本的な知識です。きちんと整理して理解し、他の科目の基礎としてください。

フィードバックの方法

定期試験は採点後、模範解答と併せて返却する。

アクティブラーニング

グループワークによるディスカッションを行う。

テキスト

『栄養科学イラストレイテッド 基礎栄養学』  田地陽一編  羊土社
 関係する資料を随時配布する。

参考文献

沢山の書籍が図書館にあります。図書館で参考文献等を探し、調べてください。

実務経験の有無

オフィスアワー

木・12:50~14:20

このページの先頭へ戻る