ホーム   >   2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―   >   共通教育科目 1年   >   応用日本語Ⅱ<上級クラス>

2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

応用日本語Ⅱ<上級クラス> (科目記号:GGJ207)

菅ひろみ

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
必修科目 演習 1単位 1年 後期

学位授与の方針との関連

授業科目の目的・テーマ

論理的に複雑な文章を理解するために必要な文法形式を学習し、運用力を養う。

授業修了時の到達目標

上級レベルの文法を場面や文脈に応じて正しく運用することができる。

授業内容の全体計画

第1回 オリエンテーション
第2回 「研修を終えて」(語彙・文法の確認)
第3回   〃 (内容を理解する)
第4回 「さすが本田君」(語彙・文法の確認)
第5回  〃     (内容を理解する)
第6回  〃 (仕事上の話題について理解する)
第7回 「楽園の萌花」(語彙・文法の確認)
第8回  〃     (やや古風な表現を味わう)
第9回  〃     (出来事の経緯を追って登場人物の心情を理解する)
第10回 復習(類似表現の比較)
第11回 「トリアージ」(語彙・文法の確認)
第12回  〃     (内容を理解する)
第13回 「前衛書道」(語彙・文法の確認)
第14回  〃    (内容を理解する)
第15回  〃    (古風な表現に込められた筆者の主張を理解する)
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学修 配布する語彙リストに目を通し、わからない語彙について調べておく(0.25時間)
事後学修 学んだ文法を使って短作文をし、意味及び接続の形を整理する(0.75時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験50%、小テスト30%、授業への参加度20%

受講生に望むこと

①配布されたプリントは各自でファイルし整理すること。
②授業中は指示がない限り携帯電話を使用しないこと。

フィードバックの方法

小テスト、定期試験は、当日または返却時に解答を解説する

アクティブラーニング

その日に習った項目を使って文を作り発表する。

テキスト

『TRY!日本語能力試験N1 文法から伸ばす日本語』

参考文献

授業時に提示する。

実務経験の有無

備考

当該学生のレベル・ニーズにより、シラバスを変更する場合がある。

オフィスアワー

授業終了後に教室で質問を受け付ける

このページの先頭へ戻る