2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

食品保蔵・加工学 (科目記号:LNC101)

武田秀敏

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択科目 講義 2単位 1年 前期

学位授与の方針との関連

1 栄養士に関する教育課程を編成し、栄養士として必要な専門的知識と技能の修得を目指す。
2 栄養士に関する教育課程を編成し、栄養士として必要な思考力・判断力・表現力の涵養を目指す。

授業科目の目的・テーマ

健康な食生活を送るための食品に関する知識を身につけるために、日々口にする食品の栄養成分や、色・味・香りに関わる成分及び加工特性を理解し、食品の的確な調理・加工及び保蔵手段を判断できるようになる。

授業修了時の到達目標

食品の持つ栄養機能および加工特性を習熟することにより、それを効果的に調理・加工貯蔵することができるようになる。

授業内容の全体計画

第1回 食品の三つの役割と食品成分表(一般食品成分)
第2回 食品の栄養成分(炭水化物の化学)【課題研究】
第3回 食品の栄養成分(炭水化物を多く含む食品)【課題研究】
第4回 食品の栄養成分(脂質の化学)
第5回 食品の栄養成分(見える油・見えない油、油脂食品の加工特性)
第6回 食品の栄養成分(タンパク質の化学)
第7回 食品の栄養成分(タンパク質を多く含む食品)
第8回 食品の栄養成分(ビタミン類の化学)
第9回 食品の栄養成分(各ビタミンの含有量から見た食品の個性)
第10回 食品の栄養成分(必須ミネラルの種類と化学)
第11回 食品の栄養成分(各ミネラルの含有量から見た食品の個性)
第12回 食品中の水分について
第13回 食品中水分と食品の加工・貯蔵
第14回 食品の色・味・香り成分について
第15回 食品学の現状と未来を考える

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学修:教本の該当ページを熟読し、用語を知っておくこと。(各2時間×15回)
事後学修:授業後は教本・ノートを再度見直し、重要ポイントをまとめておくこと。(各2時間×15回)

単位認定に関わる評価方法

小テスト 80%、ノート等授業中の取り組み 20%

受講生に望むこと

授業と関係のない私語、 スマートフォンの使用、他科目の「内職」は慎むこと。予習・復習をする習慣をつけてください。

フィードバックの方法

予告して行う小テストでは、その場で解答を解説する。

アクティブラーニング

テキスト

『食品化学』高野克己 実教出版

参考文献

総合食品学事典(同文書院)、「食品製造」松本信二、実教出版

実務経験の有無

オフィスアワー

金・9:00~10:30

このページの先頭へ戻る