ホーム   >   2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―   >   共通教育科目 1年   >   時事日本語Ⅱ<上級クラス>

2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

時事日本語Ⅱ<上級クラス> (科目記号:GGJ206)

牛尾佳子

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
必修科目 演習 1単位 1年 後期

学位授与の方針との関連

授業科目の目的・テーマ

上級レベルの文章が読み進められるように、日本語の文章に多く触れ、長文を読む力を身につける。

授業修了時の到達目標

予測・推測の力を身につけることで上級レベルの長文を読み解くことができる。

授業内容の全体計画

第1回 オリエンテーション・実力判定テスト
第2回 読解 「写真の撮り過ぎ」[心理学]
第3回 読解 「天ぷらの作り方」[説明]
第4回 読解 「○○の秋」[案内]
第5回 読解 「逆DV」[人間関係] 
第6回 読解 「容疑を否認しています」[事件]
第7回 読解 「田舎に住もう」[地方]
第8回 読解 「大荒れの日が続く見込みです。」[気象情報]
第9回 読解 「江戸時代の生活」[歴史]
第10回 読解 「大学生の仕事を選ぶ基準」[統計]
第11回 読解 「驚きや喜びを食べて育つ」[企業]
第12回 読解 「日本で活躍する外国人社員の経験談」[グローバルビジネス]
第13回 読解 「働くということ」[統計]
第14回 ジャーナリズムの日本語 ニュース・新聞を読む
第15回 社会問題の解決方法について議論する<グループディスカッション>
 定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

①出された宿題は十分な時間を費やして提出すること。(0.5時間)
②学習した内容は再度問題意識を持って読み込むこと。(0.5時間)
③学習したテーマを含む書籍を各自で探し精読すること。(0.5時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験70% 授業への参加度20% 課題10%

受講生に望むこと

①授業中、配布されたプリントはきちんとファイルに整理すること。
②携帯電話の辞書機能を使用しないで、電子辞書を使うこと。
③授業中、携帯電話はマナーモードか、電源を切ること。
④遅刻・授業時の居眠りは減点する。
⑤最終試験の欠席は不可とする。

フィードバックの方法

毎回時間を決めて読解を解き、その場で解答を解説する。

アクティブラーニング

第15回に社会問題についてのグループディスカッションを行う。

テキスト

必要に応じて教材を配布する。

参考文献

『日本語を学ぶ人のための「上級読解」入門』仙波千枝 国書刊行会
『日本語学習者のための読解厳選テーマ10[中上級]』凡人社
『生きた素材で学ぶ 新・中級から上級への日本語』ジャパンタイムズ

実務経験の有無

備考

当該学生のニーズ・レベルにより多少のシラバスの変更の場合がある。

オフィスアワー

木・10:30~12:30

このページの先頭へ戻る